難聴予防 | Goyo Bridge

2018/10/23 11:04


WHO(世界保健機関)の発表では、世界で36000万人が日常生活に支障が出る聴力障害を抱えており、若者たち11億人がスマートフォンなどの音響機器利用や娯楽イベント等での大音響により深刻な難聴リスクに晒されているとのこと。

特に、中・高所得国の1235才年齢層では、約50%がオーディオで、約40%が娯楽施設で危険レベルの音響に晒されており、音量を6分目までにすることや11時間までに制限することを勧告しています。

通常、1500020000個あると言われる耳の有毛細胞は、大音量により、傷つきます。通常レベルで80%が必要です。一度、傷ついてしまった細胞は元にもどりません。弱った細胞を休ませ、活性化させることが重要。

まず大きな音から守ることが必要。また、イヤプラグ(耳栓)などを使用することが有効です。通勤・通学時の電車の中でイヤプラグをするのも良いです。

そして、ビタミンB12や亜鉛、鉄分などを摂取する。耳の筋肉トレーニングをするなどが活性化に良いそうです。

 ぜひ、日常的にイヤープラグ(耳栓)を利用してください。

通勤や通学時には、おしゃれで、機能性も高い「Goyo Bridge」「Goyo Bridge Crystal」をお薦めします。


イヤープラ  聴覚保 GoyoBridge モータースポーJIS相当品 KCS      コンサー クラ ライ 飛行 スイミン いびき防 工事現 # トレッキン #スワロフスキ