ライブコンサートやクラブで | Goyo Bridge

2018/09/22 12:30



ライブコンサートやクラブで、聴覚を保護するため、イヤープラグ(耳栓)を付ける人が増えています。
大きな音による騒音性難聴の予防のためです。
ライブハウスなや吹奏楽の演奏の音は、120dbにもなると言われます。生ドラムやロックなどではさらに大きく130dbにもなります。
120dbは新幹線の鉄橋通過、130db飛行機のエンジン音にも匹敵する大きさです。
労働省の騒音障害防止のためのガイドラインでの労働環境の基準では、85db以上では、防音保護具の着用を促しています。120db,130dbの危険性は相当なものと言えます。

ライブコンサートやクラブを安全に、楽しく、長く楽しむためにも耳栓は必需品と言えます。

ライブコンサートやクラブで付けるイヤープラグには、ファッション性も重要ですよね。
イヤープラグ(耳栓)「Goyo Bridge」とスワロフスキーの正規クリスタルが付いた「Goyo Bridge Crystal」は、低音から高音までを有効に遮断するEP-1認定品です!

ただ今「Goyo Bridge」「Goyo Bridge Crystal」の購入に、通販サイトBASEで9月末日まで使用できるクーポンコードをプレゼント中です。
クーポンコード「8RX5KNQJ」をご購入の際に入力してください。
販売サイト:BASE「Goyo Bridge」店 https://www.goyobridge.jp/
商品HP:http://info.goyobridge.jp/

*現在、「Goyo Bridge」「Goyo Bridge Crystal」のお取り扱いしていただける販売店を募集中です。
イヤープラグ 耳栓 聴覚保護 GoyoBridge モータースポーツ#JIS相当品 KCS認証 遮音 防音 安眠 学習 集中 コンサート クラブ ライブ 飛行機 スイミング いびき防止 工事現場 #登山 トレッキング #スワロフスキー